時の鐘や氷川神社などの名所がある川越

西武新宿線の本川越駅からは、徒歩でも時の鐘や菓子屋横丁などの名所へ行くことができます。ハイキングを楽しむためにも最適な地域ですから、春の花見や秋の紅葉の時期には特におすすめです。観光客に特に人気の蔵造りの街並みは明治時代の大火の後に復興したものですが、中には火災を免れた江戸時代の建物も残っています。江戸風情のある伝統的な蔵造りの建物があれば、近代化以降に作られた洋館もあるのが魅力です。蔵造りの街並みの隣には大正浪漫夢通りもあります。

 

中心市街地にある川越市役所の正面には、城下町としての基礎を作った太田道灌の銅像があります。市役所がある場所は、かつては川越城の城郭の一部でした。市役所の近くには幕末に作られた川越城本丸御殿の建物が現存しています。本丸御殿の東側には三芳野神社があり、初雁公園が隣に整備されています。

 

初雁公園の北西側に鎮座する氷川神社は、川越の総鎮守とされる古社です。現在では縁結びのご利益があることで有名ですが、江戸時代には歴代の川越藩主から篤く崇敬されたことで有名です。もとは大宮の氷川神社から分霊したとされますが、創建年代は古墳時代の頃にまで遡ることができますから、氷川神社の周辺には古墳も現存しています。

 

氷川神社や初雁公園の近くを流れる新河岸川は昔は舟運で利用され、現在では桜の名所として親しまれています。新河岸川には風情ある橋が多いのが魅力ですが、氷川神社の裏手にある氷川橋は桜との調和が特に見事です。