川越の歴史

川越は埼玉県の南西部に位置する東京近郊の歴史ある街です。都心から電車で1時間以内とアクセスも良いことで、休日には日帰りで遊びに来る人が見られます。川越の中心地には小規模の城があります。この川越城は本丸御殿とも呼ばれ、1848年に建造された城の一部が現存しているもので日本の名城の中に指定されています。城内には霧隠れという名の井戸があり、その昔敵襲があったときに井戸の蓋を開けると霧が立ちこめて城を見えなくして守ったという言い伝えがあります。歴史では室町時代には後足利一族が城を築き、安土桃山時代に川越藩が築かれ、江戸時代には松平家が城下町を築きました。江戸時代から東京と所縁が深かかった1つの理由には、物資の運搬を川を使って頻繁に行っていたことにもあります。当時、大きな物の運搬は川を使うという手段が取られていました。川越の別名を小江戸と呼ぶことにおいて、その証が現在の地名の至るところに見られます。大手町や霞が関といった地名が、東京の縮図のように残っているのがその名残りです。観光に訪れる人が多いのは、城の他の建造物で蔵造りの町並みが美しく立ち並ぶことや、懐かしい駄菓子を扱っている店が軒を連ねていることに人気が集まっています。グルメでは鰻のひつまぶしや芋料理が名物の1つとなっています。日本を訪れる外国人観光客も増加の一途を辿る近年では、川越を見物に来る人々も多く見られ、人力車での案内や川越市内の観光名所を一周できる特別仕様のクラシックなバスも魅力1つです。

 

歴史好きな方なら川の字を河に置き換えますとハッと気づかれるでしょう。そう、あの日本三大夜襲の一つで戦国時代、後北条氏の関東制覇の大躍進の始まりとも言える河越夜襲の舞台となった河越城のあった武蔵国河越です。後北条氏三代目で武田信玄や上杉謙信に劣らぬ名将の誉れ高く、彼らと五分に渡り合った北条氏康公が若き日に関東管領上杉氏の糾合した8万もの連合軍を10分の1の僅か8千の兵で打ち破った河越夜襲。この一戦で関東管領側は旧勢力になり関東では後北条氏の躍進が続き、ついには関東管領を上州から追い払います。ところがこの事件が長尾景虎こと上杉謙信の関東出兵につながります。思えば北条氏康公はこの河越夜襲をはじめ、上杉謙信に居城小田原を攻められ、その後には武田信玄にも居城小田原を攻められるという難局を経験しますが、見事に撃退し、かえって領国を増やしています。あれほどの名将による戦国の武田・北条・上杉の三つ巴の戦いはこの河越を随所として考えてみるととても感慨深いものがあります。、後北条氏は五代目の時、豊臣秀吉により滅ぼされ河越は徳川家康の領地となりますが、江戸時代になっては川越藩の城下街として栄え、昭和の大戦の戦災を免れ幸運にも歴史的建造物が多く残っています。現在は国から歴史都市と認定されている観光都市のひとつです。戦国ファンなら河越城を見たいところですが、現在でも嘉永年間に建られた本丸御殿の一部が現存しています。その他、川越一番街商店街、時の鐘、多くの神社仏閣などまさに戦災を免れたゆえ現存する街並みや建造物心をうたれる、まさに歴史都市の名にふさわしい都市でしょう。


川越の地理

川越は武蔵野台地の北部に位置する都市です。市域の東側には入間川と荒川が流れ、市内中心部には舟運で利用された歴史がある新河岸川が流れています。平安時代後半から鎌倉時代にかけては、鎌倉街道が通過する要地として重要視された地域です。室町時代には太田道灌が川越城を築いたことで、城下町として基礎が作られました。

 

江戸時代には武蔵三藩の筆頭となる川越藩が置かれ、江戸の防衛拠点の一つとされました。新河岸川の舟運を通じて、名産のサツマイモが江戸の町へと運ばれたことは特に有名です。歴代藩主の優れた統治によって、川越芋の評判は江戸全体に広がりました。現在でもサツマイモを使った商品は重要な名産品で、全国的に有名となっています。

 

川越は1922年に埼玉県で最初となる市制を施行して、近代化への第一歩を踏み出しました。明治時代には大火によって大被害を受けましたが、火災に強い蔵造りの建物の良さが見直されるようにもなりました。大正時代以降になって蔵造りの建物が復活し、近年には関東でも随一の規模を誇るようになりました。

 

川越は小江戸とも称されるため、江戸風情のある街並みがよく残っていることが魅力です。蔵造りの街並みの中心には、江戸時代から受け継がれている時の鐘があります。現在の時の鐘の建物は明治時代に再建されたものですが、姿は江戸時代とほとんど変わっていません。蔵造りの街並みの周辺には、菓子屋横丁や川越氷川神社などの名所が多数あります。


川越で遊ぶなら

さいたまにある川越は昔ながらの城下町の佇まいを今でも見せています。古くから城下町として栄え、今でも蔵作りの街並みを残していて、一角は観光地となっており、観光客で賑わいを見せています。観光客で賑わう通りには、蔵作りの店が立ち並び、飲食店や土産物店が並びます。なかでも名物はさつまいもで、さつまいもで出来たお菓子やスイートポテトは有名な川越銘菓です。川越の街のシンボルとして鐘があります。これはNHKの朝の連続ドラマでも使われました。土産物店や飲食店が立ち並ぶ一角には、駄菓子屋横丁として、昭和の趣を残した駄菓子屋が並ぶ界隈があります。懐かしい雰囲気を残しており、素朴で安い、昔ながらの駄菓子を買ったり、また、食べ歩きをしても楽しいです。川越の街は、歩いて巡るにはちょうどいい広さです。散歩気分で店を見たり、食べ歩きをしたりしてプラプラ歩くにはちょうど良く、気候もいい時期ならば気持ちよく巡ることが出来ます。東京からも電車で1時間ほどで行くことができ、近くには大宮などの大きな都市もあり、買い物にも便利なところです。もし男性で大人の遊びがしたければ川越デリヘルを利用するという手段もあります。デリヘル埼玉の中でも川越のお店は競争が激しく女性のレベルも高いようですので、一度試してみるのも面白いかもしれません。街中をはずれると、川が流れており、川沿いを歩くことができたり、自然もあります。土日ともなると観光客で賑わいを見せていますが、平日は土日ほど混雑はしていません。巡るならば平日の方がお勧めです。蔵作りの街を眺めながら、ゆっくりとコーヒーを飲んだり、さつまいもを味わったり、レトロな街並みを散策してみてはどうでしょうか。